<| 2017/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930|>

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/28 本日の見てれぅー

ニコマス観賞
更新の時間がちょっとずれましたが、ホンの少し寝てました;

ともあれ、もうすぐ今年の上半期が終わりそうな本日の見てれぅー。
今日はピックアップ2作品のご紹介からスタートです。


ゲーム展開はちょっとしょっぱい感じになりましたが、ゲーム自体は面白そうな感じのボドゲ紹介動画です。
こう、現物ならではのギミックを使った工夫って、ある種ボードゲームの醍醐味な感じですよね。


上手くは説明できませんけど、何かこう「良い」と思わされる借り物OFAPVMADです。
「収まるべき所に収まっている」感じと言うか、音合わせが上手いというか、久しぶりに音と画が一体となっているPVを見た気分。


●:<第二部>小説 K@men Rider #18「発車」
[ノベマス]
ここで伝えられたのは正義……いや、「正しき行い」の本質に迫る内容なのでしょうね。
そしてそれは間違いなく……

ところで、今日配信の原作が新サイクロン号登場回で、300km/hからのドラッグシュートブレーキングを見て、そう言えば元々のサイクロン号のスペックってどんなものなんだろうってなりましてw
ま、軽く調べて見たら、例によって実に「らしい」てきとーな数字が並んでいたわけですが、寧ろ注目したのが当時のバイクのスペックですね。
ああ、そう言えばこの頃ってまだそんな頃でしたっけ、みたいな。
で、ここから「1973年時点にもしもRC211V(First版サイクロン号のベースマシンの元になったレース専用マシン)なんてあったら……」と考えると、何もかもが違いすぎてびっくりするよなぁ、とw
なにせバイクと言えば2stの時代に、当時量産車最速のマシンが採用していた事で話題となっていた4ストロークエンジン、それをV型5気筒という異端的なレイアウトにすることで、二輪用としては過大な小型自動車並みの1L弱という排気量を比較的コンパクト(多分当時のナナハンよりも小さい)に実現しながら、そのサイズでアメリカンスポーツカー並みの馬力を叩き出すというこの異常さ。
そしてこんなトンでもパワーユニットを収めてなお車重は150Kgを割り、その最高速は330km/hを超えるというね。
カウンタックLP500やフェラーリ365GT4BBよりも余裕で速いバイクとか、ドンだけだよ?! ってなりますよ、多分。

……このシリーズを見ていると、割とこういう横道に平気でそれるから困りますw

コメントの投稿

本文
プロフィール

こえら

Author:こえら
○年落ちのノートで頑張る、底辺ニコマス民

現在およそ3週遅れで追走中

連絡等はこちらへどうぞ。
orz.coelacanthあgmail.com

お勧めマイリスト

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。