<| 2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031|>

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマス20選!- 2012年上半期 -

ニコマス20選
と、いうわけで、当ブログでは二度目となるニコマス20選。
本当に選定には苦労したわけですが、なんとか20作品を選ぶことが出来ました。

それでは早速紹介を……


の前に、まずはレギュレーションの確認を。
―― 基本レギュレーション ――
・対象は2012年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス作品・
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開・
・1Pにつき1作品・
※ 作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります ※
今回も、基本的にこのレギュレーションに則って選ばせて頂きました。

なお、紹介順はいつも通りの投稿日時順となっております、あしからず。
また、P名・ユーザー名はその敬称を省略させて頂きます旨をご了承ください。




#01 ―― Produced by 安息香P ――

まず一作目は、未だ抜き系PVMADでは第一線を走り続けるL4UPVから。
目まぐるしく移り変わる映像の面白さは勿論楽しいものがありますが、それを下支えするのはやはりシンクロ。
ダンスシンクロだけではなく、映像の切り替えや効果もしっかりとシンクロさせている事が、この楽しさに繋がっているのだと愚考します。

しかしロリクインテットはいいですけど、どうして雪歩もロリ枠に含められているんですかねぇ?w


#02 ―― Produced by ざうさP ――

今期はアニマスMADも数多くあって、勿論20選候補にも幾作か上がっていたわけですが、結局残ったのはこちらでした。
カテゴリ的には、架空戦記からの選出となりますね。
しかしこの発想、アイディア、そしてクロスのさせ方。
何れをとっても、両作品を知っていればなるほどと思い、そして興味を惹かれる内容となっているように思いました。

ま、一番の理由は「面白そう」だったからですけどねw


#03 ―― Produced by しょじょんP ――

このPVが面白いのは、まずそのコンセプト。
ミニマルなダンスシーンの切抜きを、そのまま衣装カタログにしてしまうという発想が素敵でした。
そして、その映像のシンプルにお洒落なこと!
勿論、ダンスシンクロは言うに及ばず。
この適切なリズム感が、この動画の味わいを高めているのだと思います。


#04 ―― Produced by ぽP ――

これは史上類を見ない程に素晴らしい比較動画ですね。(断言)
むしろ「ただの比較動画で済ませてもいいところを、態々MADに仕上げてしまった動画」とでも言うべきでしょうか?w

勿論、元々のモーショントレースが完璧であるからこそ出来ることなのですが、それをこういう形で成立させるセンスが面白いし、そして素晴らしいのだと思います。
時々垣間見える遊びの部分も良いですよね。スカート履いたおっさんの絵面とかw
そんなわけで、「MADとしての面白さ」といったことを考えると、これはどうしても入れたかった一作でした。


#05 ―― Produced by (:D)┼─┤ ――

まさかの百円M@STERからw
この企画は、「」の最後のゆらゆら部分を中心にPVを作る、という珍妙な祭りだったわけですが、とりわけこの動画は面白いですね。
同じシーンの使い回しでありながら、パート毎には違った意味合いを垣間見せる。
そこに盛り込まれた工夫が、全体的になんとも言えない面白みを与えているのです。

そういった意味でも、やはりこれもまた「MADとしての面白さ」を考えての選出、と言うことになりますね。
ま、こちらは名実ともに「MAD」に片足を突っ込んでいるような気もしますけどw


#06 ―― Produced by Quote ――

以前別の愛ちゃんPVの感想で書きましたけど、「ALIVE」という曲はこの上ない程の武器なのだな、と言うことを強く実感させるPVの一つです。
いや、もうこの壮大さは本当にヤバいですって。
だって、基本的にダンスシンクロとちょっとした編集で構成された、PVMADとしてはシンプルな部類に入る動画ですよ?
だと言うのにこの表現力! 豆タンク……恐ろしい娘っ!?
その上、合間に差し挟まれる「二人のアイドル」のカットもまた、情感を高めます。
これは本当に良いPVですよ。

それ以上に、この構成を導き出したPの力も素晴らしい、と言うことでもあるのですけど。


#07 ―― Produced by まくたP ――

光のコントロールが見事な2PVMADです。あとミクさん可愛いw
ゆったりとした雰囲気でありながら、奇妙な先鋭感があるというか、わりと不思議な雰囲気の動画です。
それを支えているのは、先にも言いました光のコントロール。
これが何というか、しっかりと場面を引き締めているのですよね。
そして、ラストの素敵なシルエット。

もっと765式ミクのPVMADが増えれば良いのに、という思いも踏まえての選出でした。


#08 ―― Produced by vanP ――

今期はアニマス20話辺りのおかげもあってか、はるちは動画がいやというほど上がった訳ですが、その中からあえて一作を選ぶとするならコレ、と言った感じですかね?
ま、「童話の消えた森を使っているから20選に入れよう(迫真)」等と抜かしやがる中の人の意見は捨て置くとしても、この動画の良い所は幾つもありまして。

まず、手描きアニメーションの見事さ、抽象的ながらも明示的な展開のわかりやすさとカタルシスから来る爽快さ。
そして何より、これが二人だけの物語ではないこと。
というか、最後の要因が一番大きいのかもしれませんけどw


#09 ―― Produced by ラ★フランスP ――

言うなれば、叩きつけるような魂の慟哭。
透明感のある美しさ、儚さと、力強い激しさが共存した、凄まじいPVMADとしてこちらを選びました。
また、DSとPS3を巧みに使い分け、並び立たせているのもポイントでしょうかね?

ある意味では絵理らしくなく、しかしてある側面では絵理らしい、とでも言うべきか。
そういう意味では、もしかしたらEllieの分も含んでいるのかも?


#10 ―― Produced by Rukou ――

愛と理解と労力の賜物。
この動画は、それこそ奇跡のような物語であったと思うのです。
アイマスDSと東方、両作品を踏まえ、理解し、噛み砕いた丁寧なシナリオも見事ならば、その物語を演出する舞台、そして演じるチップキャラの動きも見事。
特に後編のライブシーンときたら、あのサイズでしっかりと振り付けを再現して見せた様を、最早何と言って讃えれば良いのか!

何気に両作品のエントリームービーとしても、良質なのですよね。
そういう意味では、もっと多くの人にDSに触れて欲しいと言う思いでの選出となりますw


#11 ―― Produced by かよーP ――

この動画は、動きの緩急に着目したアイディア賞モノのPVMAD、と言えるのかもしれません。
静と動、その躍動感が生み出すコントラストの素晴らしさ。
……というのとは少し違うような気もしますが、フレーム補完によって生み出されるスロー映像は、それに似たものを提供してくれているような気がします。

そしてそれらが纏うこの儚い雰囲気が、曲と相まって切なさを想起させるのですよね。
そりゃあ、「時間よ止まれ」とも思いますよw


#12 ―― Produced by ナンカンP ――

スタイリッシュギャップ萌えの局地がここにある!
ダンスシンクロが見事なのは言うに及ばないのですが、それ以上にこの雰囲気にあえてやよいを乗せると言うこの、ね。
そしてそれを成立させている手腕は、本当に見事としか言い様がありません。

あとは、やよいのバックにあずさと貴音の765プロ長身組を揃える事の映像的意義ですね。
遠近感さんの仕事ぶりがよくわかりますw


#13 ―― Produced by FRISKP ――

このPVは何が凄いって、アイドルの動きによる画面コントロールの見事さですね。
手先の動きが明確な意思を持って、映像に変化を与える。
そのダイナミックさが曲と合わさり、凄まじい迫力をもって見る者を圧倒するわけですよ!
正しく、クール&スタイリッシュ。そう呼ぶに値するPVMADの一つだと思います。

やはりFRISKPは凄いなぁ……;


#14 ―― Produced by ワシ ――

今期は気に入ったPVの大半がミニマルなダンスシンクロの繰り返しがメインの作品だったわけですけど、こちらもそんな動画の一つです。

しかしここで注目したいのは、この動画に込められた儚さと切なさ。
これをフェアリー組、特に響で表現してしまう辺りに、見事さを感じてしまいます。
そして、夢とも現実ともつかない微妙な雰囲気を醸し出す映像もまた、そういった感想に拍車をかけますね。


#15 ―― Produced by なかなP ――

涼に与えられた二面性、それを見事に表現しきったPVですね。
そして今回唯一の公式曲PVMADでもありますw
こちらもまた、DSとPS3の映像を使った作品ではありますが、まずDSパートの明瞭さが凄まじい。
コメントにもありましたが、さながらタイタントロンの映像の様な効果を醸し出しているのですよね。
そして、巧みに混ぜ合わされる男声と女声、そして見事なハモリまで!
それで成り立つこのPVの見事さは、確かに「涼ファンの聖地」タグも納得です。


#16 ―― Produced by ぎょP ――

MMDで多くのPVが作られているこの曲に、2PVMADで挑むと言う心意気。
その見事なシンクロと印象的な映像の切り出しは、本家の振り付けを垣間見せつつもPVMADらしさを前面に押し出した見事なものだと言えましょう。
というか、このすんなりと受け入れられるダンスは、流石ぎょPと唸らざるを得ません。

音に対する動きの合わせ方が、本当に綺麗なんですよね。


#17 ―― Produced by 絶対に許すP ――

最近の連載ノベマスでは一押しのシリーズ、その最終話です。正確にはその一つ前ですが。
動画単体としてだと、物語上重要かつある仕掛けのある5.5話も捨て難かったわけですけど、やはりここは最後のカタルシスに向けての一番の溜め所であるこちらかな、と。

「神の使い」から突きつけられる、脅迫めいた「交渉」。
そしてそれに答えを返してのエンディング、そして……
という所で終わっているわけですけどね。

そのあとのひっくり返し方が、悪く言えば乱暴、良く言えば爽快!
しかし、物語は斯く或るべきである、と言うのを見せ付けられた気もします。
ま、シリーズ半ばの追い込み方は、中々にえげつなくもあるわけですが;


#18 ―― Produced by よううるおP ――

うどんm@sterマイスターが魅せる、うどんの無い世界。
うどんの頃から思っていましたけど、よううるおPは映像的なハッタリの利かせ方が上手いのだと思うのですよ。
つまりそれは、映像に対する勘とかセンスの問題。
そしてそれを実際に表現して見せる力の話。
それらが結実すると、こういうものが出来上がる、と。

端的に言ってカッコイイ、それこそが最大の魅力だと思います。


#19 ―― Produced by (ゆウゆ)P ――

こちらはアイマスMSC4参加作品から。
サイケデリックな色調の映像と意外性のありすぎる選曲が、この上ない力を持った2PVMADだと思います。
ま、PVと言うよりはVJとかビデオドラッグに近いものがあるのかもしれませんけど。
とはいえ、コレを成立させてしまう手腕が見事なのも確かですね。
そういう意味でも、面白い動画であると言えましょう。


#20 ―― Produced by kyeP(仮) ――

このノベマスが上半期に間に合ったのは、今季最大の行幸ではないだろうか?
派手な演出も特殊効果も無く立ち絵も無い動画ではありますが、誤解を恐れずに言えば、今期の全ノベマス中に於いて最も美しい物語だったと思います。

文通と言う時代遅れの通信手段で、同好の士と心の交流を図る千早。
その一喜一憂する様は、確かに年相応の少女のもので、微笑ましくもありました。
しかしそれ以上に、最初に見た時のあの素直な驚きは何事にも変えがたいですね。

ああ、記憶を無くしてもう一度見たい……

コメントの投稿

本文
プロフィール

こえら

Author:こえら
○年落ちのノートで頑張る、底辺ニコマス民

現在およそ3週遅れで追走中

連絡等はこちらへどうぞ。
orz.coelacanthあgmail.com

お勧めマイリスト

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。