<| 2017/06 123456789101112131415161718192021222324252627282930|>

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマス20選!- 2011年下半期 -

ニコマス20選
えー、初めての20選参加と言う事で、若干緊張しておりますが、さっそく始めましょう。

それでは、まずはレギュレーションの確認から。
―― 基本レギュレーション ――
・ 対象は2011年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品 ・
・ 自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開 ・
・ 1Pにつき1作品 ・
※ 作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります ※
今回は、この基本レギュレーションに則ったチョイスで参ります。
偶には、大再生数動画も普通に嗜んでいるのだという事を見せなければなりませんしねw
(※:そんな義務は無い)

それでは、普段は取り扱えないヒット作から紹介した事のある作品まで。
種々入り乱れた「こえらが選ぶ2011年下半期20選」、スタートです!

なお、紹介順はいつも通りの投稿日時順となっております、あしからず。
また、P名・ユーザー名はその敬称を省略させて頂きます旨をご了承ください。


#01 ―― Produced by 七夕P ――

これはアイディア賞ものというべきでしょうか?
感情を天気に見立てての視覚化というのは、面白い画面効果でした。
アイドル達の表情とその頭上に表される天気との同期、ないしミスマッチ加減が、色々と想像力をかき立てますw
そして、熱気沸き立つステージでは気温も上がる!
夏特有の熱に浮かれる、といった印象を色濃く反映したPVだと思います。

#02 ―― Produced by 非リア充P ――

ドラマCDで声がついたと思ったら、早速ごらんの有様なのです。
そして誕生するのは、ウザ可愛い中毒性www
ま、サイネリアだから仕方がないのですがw

しかし困った事に、サムライロジックを使用したMADを見る度に視聴してしまうという、私にとっては半ばトラップじみた動画なのですw
それほどのインパクトを与えられたのですから、仕方がないのですけどね。

#03 ―― Produced by 獣道を逆走P ――

なんとも味わい深いというか、妙なテンションの手描きアニメーションPVですw
再現系なので、基本的にその味は元ネタに依存するわけなのだけれども、問題はどう「アイマス風味」にするか? と言う事。
その点で言うと、このPVはうまい事合わせてあるなぁと思うわけですよ。

内容的にはあまり楽しんでも居られないのかもですが、切なく感じながらも笑わざるを得ない、という稀有な動画です。

それにつけても、伊織の前髪が……www

#04 ―― Produced by ふにゃてぃんP ――

DSPVを作る際には、DSならではの解像度の低さをどう補うか、あるいはどう生かすかが最大の焦点となるように思います。
こちらは、それを数で補った感じのPVでしたね。
しかしきちんとそこには意味があって、見ている側にも想像する余地を残しているようにも思えるのが素敵です。

様々なステージで踊る涼の姿。果たしてそれが意味するのは時間の経過か、あるいは個別の人物像か?
とにかく綺麗なシンクロは楽しく踊っているように見えるのですが、なぜか涙が込み上げてくると言う不思議な感覚。

楽曲か、楽曲のせいなのか?!

#05 ―― Produced by 65536bpm ――

こちらは画面構成でドキリとさせられるDSPVです。
画面の小ささを逆手に取り、開いた空間を上手く使う。
そのレイアウトの妙に、とにかく痺れましたね。

シンクロが良いのももちろんなのですが、DSPVは見せ方しだいでまだまだ出来る事があるんだなぁ、と言う事を知らしめてくれる一作でした。
あと、愛が妙に大人っぽく見えるのもポイント……でしょうか?w

#06 ―― Produced by 3袋P ――

本当ならば、綺麗に切り抜かれた絵理に注目するべきところなのかもしれませんが、そんな「DSPVを手抜き」と言うインパクトを忘れるほどに強烈な世界観が魅力的なPVですw
繰り広げられる光景は、とにかくシュールと言うか、モンティパイソン的というか、ま、言葉に困ってしまうわけですが……
そんな奇怪な映像が曲とがっちり組み付いて、「これがプログレだ!」と言わんがばかりの謎の説得力を醸し出している様に思えました。

正直、奇才という他にありません;

#07 ―― Produced by FRISKP ――

FRISKPの作品は最終的に3作の中から選ぶ羽目になりましたが、その中で頭一つ抜き出た強い印象を残してくれたのが、このPVです。

春香の日常、そしてステージを「垣間見る」という言葉がぴったりの構成。
それはPの視線と言うよりはファンの視点に近いものでしょうか?

ともかく、僅か1分半の中に込められたもの―そこから感じ取れるものはあまりに濃密で、端的に言い表す言葉が見当たりません。
……困ったw

#08 ―― Produced by FenorlP ――

「iM@S KAKU-tail Party 6」のなかでも、一際強く印象に残ったPVがこちら。
半月に一度見ている計算になる程度に見返しているほどの、お気に入りの作品ですw

とにかく、「数」と「亜美真美」というお題を前にして、ここまで真っ直ぐに、真摯に向き合い、そしてそれを消化し昇華し切ったという見事さが、ある種の寓意性を以って胸に突き刺さるわけですよ。
この2分足らずに何度感涙した事か……

多分、2011年下半期の一番はこれ。

#09 ―― Produced by えびP ――

恐るべき伊織推し。とにかくその一言に尽きますが、その表現のために費やされるスタイルの良さが際立ちます。
メインパートのカメラ位置を固定しながらも、過去作を再現したセッティングの切り替えと歌詞のワイプ芸によって、まったく飽きる事がないと言うこの凄まじさ。
そのステージングは、圧巻です。

見せ方を心得ていると言うのは、こういうことなのでしょうね。

#10 ―― Produced by ブラッキーP ――

ステージに舞い降りる雪景色の化身。

跳ねる様で在りながら一抹の寂しさを湛えるこの曲を、雪歩が見事に演じきっている、という印象ですね。
人によっては歌声が耳障りと思われるかもしれませんが、これはとにかく見てほしい。
特に、サビの心地よさは筆舌に尽くし難いものがあります。

凄く単純に、綺麗で、切なくて、それでも少し暖かい、そんなPVでした。
そして、このレビューを書くために再視聴した折、自然な流れでうっかり一時マイリストに突っ込んでしまったりw

#11 ―― Produced by 5回4失点P ――

きわめて単純な構造で繰り広げられる、問答無用の楽しさw
リズミカルに揺れる様と少女の可愛さの化学反応がここまでの爆発力を持つとはっ!
……なんて馬鹿な事を書いてみたりもしましたが、この動画の本質はただただ単純に、「楽しい」という一点にあると思います。

ロリコンとか関係ないから!www

#12 ―― Produced by はしP ――

世界観の構築が見事なPVでした。
普段の真のイメージからは乖離した、鮮やかに妖しく、仄暗い雰囲気。
しかしながら、それを強く結びつける映像の力は、実に見事なものです。
それは単に元ネタのイメージをなぞるという事ではなくて、自分で噛み砕いて、自分なりの解釈で、自分なりに再構成できるという、確固たる物があればこその事だと思います。

だからこそ、この動画は美しい。

#13 ―― Produced by つばめP ――

輝く舞台に挑む者たちの肖像。

コミュシーンを中心にしての、このシンクロは見事と言わざるを得ません。
若干の遊びを感じさせる歌詞とアイドルの選択、Pとしての視点で始まりから丁寧に展開させるストーリー性、そして765プロ全員が誰一人――ただの一人も欠ける事無くクローズアップされ、そして皆で頂点を目指さんというこの希望に溢れた空気!

暖かい感動が胸を過ぎるPVです。

#14 ―― Produced by ぎょP ――

最早シンクロと言うのも生ぬるいほどのダンスの違和感の無さ!
曲のイメージをしっかり捉えて楽しさも損なわない、まったく凄まじい完成度のPVでした。

そのことは、派生作品である中華マスターの存在を以ってしても証明できるわけですが……
うん、あちらも十分20選入りの動画でしたが、どうしても一作削りきれなかったので、失礼ながら親作品であるこちらに無理やり統合しちゃえ!とw

ま、本質的な楽しさは変わらないから良いのですよ! 多分;

#15 ―― Produced by じんせいP ――

銀色の王女――其は幻想の体現者。

その雰囲気を十全に生かしきる楽曲と映像は、見事と言うほかにありません。
ただ美しく、静かな迫力を以って顕現する様は、彼女と言う存在の特異性を一層際立たせているようにも思えます。

しかし、この曲が似合うアイドルと言うのも、考え物と言えば考え物なのですがw

#16 ―― Produced by ちゃたまるP ――

孤高の歌姫と呼ぶにふさわしいステージング。

それは、あるいは負の可能性か?
青に染まるステージを流れる赤は、彼女と誰かを結ぶ絆の暗喩か、それとも流される血の色か?
伴に居ると歌いながらも、どこか突き放したようなものを感じる曲と相まって、どちらかと言うと暗い方のイメージに引き摺られがちな解釈になってしまいますが……

だが、その切なさが良いw

#17 ―― Produced by 散髪屋P ――

唯一つの栄光を目指す者達の凱歌。

こちらは、「対決」に焦点を当てたイメージですね。
冒頭に明示される数々のライバル達、そしてクローズアップされる4組の765プロアイドル。
そして彼女らの団結の力を目の当たりにし、仲間を得て更に手強くなって立ちはだかるイメージで登場する「彼ら」の存在――その激突を予感させ、しかしながらその結果を明示しないという構成は、心憎いものがあります。

2系ストーリーPVの中でも有数の熱さと感動を覚えるPVと言えるでしょう。

#18 ―― Produced by ごまP ――

これまでとその先を強く想起させるPVでした。

あらゆる理屈が矮小なモノへと移り変わり、ここに残るのはただ感情のみ。
それでもここに在る事は変わらず、ここに在るモノも変わらない。

彼女らの道行きは、そしてその光指す先はとても眩しく――
その眩しさにただ、咽び泣く。

#19 ―― Produced by いろはP ――

ええ、ええ、まさかの冬馬PVが登場ですよw しかも、公式曲PV!
とはいえ、このPVの楽しさは異常ですw

バックダンサーのイメージとして、ひびまこのパートを加える事によって、冬馬のダンスでは足りない部分を見事に補い、シンクロを切らさないようにしているのですよね。
そうして完成したこの楽しさは、実に見事なものだと感服せざるを得ません。

JupiterのPVもいい物が多いんですよ、いや本当に。

#20 ―― Produced by じゅっP ――

そいPのVRF'11参加作品群の端的な纏めPVです。
本来ならばあの中から一編を選ぶ筈でしたが、ここまで見事な作品が来てしまったので、つい選出してしまいました;
なので、この動画について語るときは、大本の作者でもあるそいPへの賞賛も忘れてはなりません。
絶望から希望への相転移もなかなかのものですよ?(謎)

其々の物語の要点をしっかりと抑えた再構成ぶりは、実に見事。
そして、この選曲はある意味ズルいw

コメントの投稿

本文
プロフィール

こえら

Author:こえら
○年落ちのノートで頑張る、底辺ニコマス民

現在およそ3週遅れで追走中

連絡等はこちらへどうぞ。
orz.coelacanthあgmail.com

お勧めマイリスト

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。